ダブル。

不倫の記録です

気になること

最近家族の話をしなくなった。

本当に最近。


私の子のことは聞いてくるけど

自分ちのことを言わなくなった。

なんだったら皆で話題にあがると

話題を変えようとする程…。


なぜだ…。


家族のことは普通に話していたのに。

…私は基本旦那の話はしたくないので

聞かれる時だけ答えていた。


私は不倫を始めた当初、

夫婦の不仲を知られたくなかった。

今はどちらかと言うと

皮肉なもので円満になりつつある。

とりあえず、旦那の不満は彼に

伝えたくなかった。

旦那の価値を自ら落としたくなかったから。


彼は夫婦仲は上手く行ってそうだった。

始めはよく夫婦間の会話も聞いていた。

特に何も思わなかったし。

別にそれで良かった。


それが最近は口にしない。

私の家のことも聞かなくなった。

私が話さないから…

ならいいんだけど。


家のこと詮索する気も無いので

『知られたら厄介だ』

と思われていたら嫌だなぁ…。

そんな女じゃないんだけど。

支配

頭の中を彼が支配する。

あのmission以来、

やはり違う感情が生まれてしまった。

ハッキリとわかった

『失くしたく無い人』

だけど、なくて当たり前の人。



私が意地悪をするからか

『好きだ』『好きだ』と言ってくれる。

不安になっているのか

『好き』かどうかの確認も多い。



あれから…

奥さんの元に戻ってほしい。

と本当に思ったのに…

いや、奥さんのものなんだけど

私のとこにさえ来ないで

奥さん一筋でいてほしいと

心から思ったのに…



少しだけ…

私に貸してください。

ごめんなさい。


今頃、こんな気持ちになるなんて。


遊びなのに…


本当の好きになりそうで

こわい。


ううん。

『本当の好き』だ。


これはコントロールしなきゃマズイ。


なんで今頃…


だだハマりしそうだ。


あなたが悪いんだよ。


素直に気持ち言ってきたり


態度に出したりするから…


私と同じ気持ち言葉にしないでよ。


私がわかるように態度に出さないでよ。



傾いちゃうじゃん。


あなたも、何か思ったの?


そんな風に出すことはなかった。






極めつけの『もうバレてもいい』


なんて


本当に言わないで。


バレても私達に


未来はないんだから。


そう。


無いんだよ。


私達に二人で歩む道なんて。

mission

鉢合わせミッション。


人生の危機を味わった。

自業自得ではあるけれど

脳裏に浮かんだのは

『お互いマズイ』



どれだけポーカーフェイスになれるか

瞬時に上手い言葉を選べるか


これは私と彼の初めての共同作業。


嘘を塗り重ねる共同作業。


私は『自分の身勝手さ』に落胆した。


彼はどうだろう。

傷付いたように感じた。


だけどこれが私達の進まざるをえない道。


二人の関係を続ける以上

避けられない『身勝手』な道。


遊びだと頭ではわかっていながら

どこまでこの道を進むんだろう。


この危機を2人でこなして

私達はどうしたいんだろう。



こんな危機を乗り越えて

それでも居たいんだろうか。



それでも2人でいることを選んだら

遊びの中に少し違う感情も

増えてしまうに違いない。